【EC-CUBE3】デバッグモードにアクセス!

概要

EC-CUBE3には開発用にデバッグモードが搭載されています。
URLを入れてアクセスするだけなんですが、
あらかじめ使用するPCのIPアドレスをファイルに記載して、
アクセス権限を与える必要があります。

今回はそちらをご説明します!

該当ファイル

xxx.jp/html/index_dev.php
このファイルにIPアドレスを記載します。

記載方法

index_dev.phpwo
開くと、このような記載があります。

ここに自分のIPアドレスを追記します。
(例は192.168.1.111)

自分のIPアドレスは?

IPアドレスなんて知らねーよ
って方はこちらで取得できます!
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

アクセスするURL

アクセスする時は、
https://xxx.jp/html/index_dev.php

大体はリダイレクトとかで”html”がない状態になっていると思うので、
https://xxx.jp/index_dev.php
これですね。

トップページのURLのうしろに/index_dev.phpを付けてあげれば大丈夫です。

デバッグしたいページの間に/index_dev.phpを入れます。
例えば、
https://xxx.jp/item1
こんなページであれば、
https://xxx.jp/index_dev.php/item1
こんな感じです。

これにアクセスすると、通常通りのページの下部にツールバーが設置された状態で表示されます。

IPの指定が失敗していると?

打ち間違いとかのミスがあったりして、権限が正しく付与されていないと、

You are not allowed to access this file. Check index_dev.php for more information.

こんなのが出てきます。
お前はアクセス禁止だから、index_dev.phpをチェックしろや
って書いてます。

まとめ

今回は使うまでの準備編でした!
いざ開いてみると、僕の苦手ないんぐりっしゅだらけです。笑
ちょっとずつ解説記事も書けたらいいな…。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です