CSSでタグ内のテキストを書き換える

概要

プラグイン等を使用していると、html側から編集できなかったりします。
そんなときにこの方法で、CSSからテキストを書き換えることができます。

説明

まず元からあるテキストを消します。
そして新しくフォントサイズを指定。
contentで書き換えるテキストを指定。
以上です。
とても簡単!

いまいち使い所がピンとこないと思います。
プログラムでテキストが自動生成されているとします。
こういう場合にはこのテキストを生成。みたいな。
ソースを書き換えればいいんですけど、
ソースをイジりたくなかったり、他人が書いたソースでよく分からなかったり。
この1ヶ所のために膨大な量のソースから探すのも面倒ですよね。
まずどのファイルやねん!ってとこからのスタートだったりもします。
そんな時に使えます!

例で出したloginnameとかユーザ名とか忘れましたけど、
たしかログイン画面だったかな?
英語のライブラリを使っていて、よくログイン画面のIDとパスワードのフォームの左側にあるテキストが英語だったんですね。
ライブラリをイジるのもめんどくさいしなぁと思って探したらこんな方法があったので使用しました。

結構CSSっていろんなことができちゃうんですよねー!
見た目の装飾がメインなイメージがあるかと思いますが、
こんな使い方があるんです。毎度びっくり!

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です